客数予測の基本について

客数予測の基本

客数予測の基本

客数予測は難しい・・・?

それは来店客数の予測精度をどこまで求めるかで、
その答えは違ってくると思います。

絶対的な予測精度を求めることは、実際のビジネス現場においてはあまり現実的ではないと思いますが、事前に設定された前提条件のもとでの予測であれば、たとえ予測と違う結果(実績)が出たとしても十分にその利用価値はあると思います。

重要なのは、予測値と実績値の差が何故生じたのかを考え、前提条件の見直しや許容範囲の検討、又は1日の中を適切な時間帯に分けて予測を行ったりと、さまざまな工夫をすることだと思います。
そして、それらの改善を通して、各店舗の特徴を加味した実用的な来店客数予測が可能になってくるものと考えています。

来店客数の予測の活用範囲

  • 商品の発注数や製造数に対する目安として活用する。

  • 接客や商品製造に関わる人員配置に活用する。

  • 売れ残りを防ぐための情報として活用する。

  • チャンスロスを防ぐための情報として活用する。

  • 売上予算達成の目安として活用する。

それ以外でも、来店客数が事前に予測できることで「働く人のモチベーションのアップ」などにも結びつくものと考えています。

当社が提供する「来店客数予測サービス」は、実際のビジネス現場で活用できる実践的な予測数字を提供することを目的としています。

その為には、予測数字の出し方の正しい理解も必要かと思います。
そこで、客数予測の基本に関して、以下の目次に従って順次解説していきたいと思います。